■ まちのファンクラブ平成26年度(第13期)活動報告

    (2014.6.1 ~ 2015.5.31) 代表世話人 小笠原まき子

 

【1】会員の状況 

  平成26年度の期間中に、入退会などで、期末での会員数は94名になりました。

 

【2】会計の状況 

 今期は、資金を使うことなく、会計の収支にうごきはありませんでした。

収入         0

支出         0

収支差額             

  前期繰越金   16,000円

   *他に、事務局分12000円が執行留保

 

【3】役員の状況に変更はありません

 

 代  表 小笠原まき子

 副 表 伊藤 香   副 表 近藤順子  事務局長 服部則仁

  監  事 西羽 晃

 

【4】平成26年度(第12期:2014.6.1-2015.5.31)事業報告

 

1.平成26年度事業の方針

 

  1.交流会は機会を得て実施する。

  2.メンバーからの提案を大切にし、そのときどきで対応する。

  3.まちのファンとして、市民活動を応援する基金を進めていく。

  4.まちファンメーリングで相談しながら進めていく。

 

2.市民活動応援☆きらきら基金の応援事業

 

  まちのファンクラブの代表世話人を「きらきら基金運営委員会」の代表に輩出し、

  桑名員弁地域の身近な市民活動を応援しました。

 

〇第4回市民活動応援きらきら基金助成事業のボランティア活動をしました。

11月24日、東員町保健福祉センターにて、120人が集いました。

14団体8事業に、総額549,300円の助成を行いました。

 

〇第5回市民活動応援きらきら基金助成事業のボランティア活動をしました。

2月22日、桑名市総合福祉会館にて、100人が集いました。

きらきら大賞100,000円の助成を行い、企業の社会貢献活動アピールや

桑名市長も参加して、地域円卓会議を行いました。

 

〇トヨタ車体いなべ工場での植樹際にて、

 3月22日に、きらきら基金の市民活動団体紹介展示を行いました。

 

 

3.各種交流会への参加

 

  桑名員弁地域で行政が行った市民活動の交流会に、まちのファンクラブとして、

  きらきら基金のアピールと展示を中心に参加し、企画を進める実行委員会の段階

  から参画しました。 具体的には4つの交流会に参画しました。

 

〇「いなべ市市民活動交流会 スマイルフェスタ」 いなべ市民活動センター

6月22日 阿下喜の桜ホール 3000人以上が来場。

前日の会場設営から参加しました。

 

〇「桑名市市民活動アピール 桑名祭博」 桑名市市民活動センター

 10月19日 桑名市旧市街寺町通り商店街北公園にて、テントブース出展

 会場が公園内になり、20団体ほどでアピールしました。

 

〇「東員町市民活動交流会わくわくフェスタ」 東員町町民課

 3月15日に、東員町体育館にて、20団体の展示アピール

 まちのファンクラブとして、各団体のインタビューも行いました。

 

〇「桑名市市民活動交流会」 桑名市市民活動センター

 3月21日にメディアライブ 参加200

 前半はまちづくり助成金の報告会を自治会連合会と共に行い、

後半は市民活動団体の展示と、舞台発表などを行いました。





4.後援等の応援

 

  今期は以下の事業を後援しました。

 

〇「市民活動応援☆きらきら基金プロジェクト」(通年)

  主体:きらきら基金運営委員会

 

〇「北勢線の魅力を探る会」

10月4日 第23回北勢線の魅力を探る

 ~阿下喜から西桑名まで~

3月29日 第24回北勢線の魅力を探る

~星川の観音さんと故段田の大日さんに逢いたくて~

 

 

5.市民活動に関する情報交換

 

期中に103本の市民活動に関わる情報が、メーリングリストでやりとりされました。